ゴールドカードの秘密まとめました

ゴールドカードの選び方

これから初めてゴールドカードを作成するという方はいろんなことに悩むと思います。数多くのゴールドカードが発行される時代となりましたので自分にどのようなゴールドカードがマッチしているのか判断するのも難しくなってしまいました。ゴールドカードは年会費も高額なものが多いですし自分にマッチしないものを手に入れても年会費以上の価値を手に入れられないことも少なくはありません。しっかりとゴールドカードの価値を比較して自分にあったものを選ぶことが損をしないための秘訣ともなります。

■維持費で選ぶ

ゴールドカードといえば年会費が高額というイメージが強いと思いますが必ずしもそうではありません。初年度無料のゴールドカードもありますし、条件を満たせば年会費が割引になるゴールドカードも多数あります。そもそも年会費が安く設定されているゴールドカードもありますし全てが高額という訳ではありません。

しかし注意が必要なのは維持費が安いとそれだけ付帯されているサービスが下がってしまう可能性があるということです。年会費が高額であればそれだけ付帯サービスが多くなっていますし、低額になると付帯サービスが削減されていることが多いです。ただ割引サービスがある場合はこれに限った話ではありませんので内容をよく確認して維持費と付帯サービスのバランスを確認しましょう。

■付帯サービスで選ぶ

ゴールドカードは一般カード以上に利用するクレジットカードによって得意としているサービスが異なっています。「アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード」などであれば旅行などの保険に関するサービスが充実していますし、同じプロパーカードであっても「三井住友ゴールドカード」や「JCBゴールド」はホテルやレストランの優待に力が入っていると感じる部分もあります。

これらの付帯サービスはゴールドカードが独自路線を出すために考えて作られたサービスとなっています。そのため自分が必要とするサービスを探せばそれに沿った良いサービスに出会えるはずです。

■審査で選ぶ

ゴールドカードは審査が厳しいと言われるものが多いですが実際にはそんなことはありません。ゴールドカードの中でも格安と言われている「MUFGカード ゴールド」であれば審査は優しいと言われていますしゴールドカードですので限度額もそれなりに設定されることが多いです。

限度額が高額な審査というのはどこのクレジットカードでも厳しいですがゴールドカードであれば多少は優遇されていることもあります。

ゴールドカードの魅力 空港ラウンジを使う

空港ラウンジといえばゴールドカードを所有することで受けられる恩恵の一つとして有名なものとなってきています。日本国内はもちろんのこと海外にも空港ラウンジは数多く設置されていますので、空港ラウンジを利用できるクレジットカードを所有していると長時間の乗り継ぎでもゆったり過ごすことが可能です。ただ全てのゴールドカードが同様に空港ラウンジを利用できるという訳ではなくゴールドカードごとに異なった特徴を持っています。世界中の空港ラウンジを利用するためにおすすめのゴールドカードをご紹介します。

■楽天プレミアムカード

世界中の空港ラウンジを一番お安く利用するためにおすすめしたいのがこの楽天プレミアムカードです。こちらのクレジットカードを持っていれば世界で800以上の空港ラウンジが利用できるようになるのです。

具体的にはこちらのクレジットカードは年会費10800円でありながら世界中の空港ラウンジが利用できるプライオリティパスというものが付帯されてきます。プライオリティパスにもいくつかのランクがあるのですがこちらに付帯されているのは最高ランクです。この最高ランクのプライオリティパスが無料で付帯されていることで世界中の提携ラウンジを毎回無料で利用することが可能です。本来は4万円以上の年会費が掛かるサービスなのですがゴールドカードの特典として手に入れることが出来れば無料ですし空港ラウンジを世界中で利用する方にはおすすめです。

■MUFGカード ゴールド

日本の主要空港だけで空港ラウンジが利用できれば良いという方にはこちらのゴールドカードがおすすめです。日本には28空港に空港ラウンジが設置されているのですがこちらのゴールドカードで利用できるのは半分程度の主要空港のみです。なぜ主要空港だけかと言いますと国内線のラウンジではなく国際線のラウンジしか利用することが出来ないからなんです。なんとも珍しいクレジットカードですね。

年会費に関しては条件を満たすことで1028円で所有することが出来ます。空港ラウンジをそれなりに利用できれば良いという方には格安のゴールドカードであり、もはや安すぎるとまで感じるものとなっています。

■アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード

空港ラウンジを利用するだけで所有するのはもったいないクレジットカードではりますがアメリカン・エキスプレスも空港ラウンジに対応しています。年会費が高額ですので他のサービスも十分に活用したいところですし、空港ラウンジと合わせて海外旅行保険なども充実しているので海外へのお供としては1枚で解決できるクレジットカードでもあります。

ゴールドカードに関するよくある質問

クレジットカードの中でもあえてゴールドカードを手に入れる意味はあるのでしょうか。今まで一般カードしか利用されていないような方はゴールドカードとはどのようなものなのか色々と疑問点があると思います。この疑問点は私にもよく寄せられてきますので今回は皆さんのためにもまとめてご紹介したいと思います。よくあるゴールドカードに関する質問を読めばあなたもゴールドカードを活用できるか判断できるはずです。

■ゴールドカードにメリットはあるのか

これが一番多い質問です。わざわざ年会費を支払ってゴールドカードを持つメリットがあるのかどうかということは皆さん気になりますよね。回答としてはゴールドカードの付帯サービスが自分の利用できるものであればメリットありです。

ゴールドカードには保険を始めとした付帯サービスが数多く用意されています。保険であれば海外旅行保険が人気ですし、その他レストランの優待やホテルの優待なども人気です。こういった特典を活用できるのであればゴールドカードの年会費以上の特典を受けることも難しくはありません。利用するゴールドカードを選んで自分が活用できるサービスを手に入れることが出来ればゴールドカードには大きなメリットがあります。

■審査と年会費は?

ゴールドカードにもピンからキリまでありますので審査が優しいものもありますし厳しいものもあります。同様に年会費もゴールドカードとしては格安のものからプラチナカードと変わらないような価格帯に届くものまで存在しています。ゴールドカードもかなり種類が多くなっていますので審査や年会費については一括りで説明することが難しくなりました。

言い換えればこれだけ多くのゴールドカードがありますので審査面でも年会費面でも自分が利用しやすいものを見つけることが出来るはずです。いくつかのゴールドカードを比較しながら決定するというのも大切です。

■ゴールドカードと限度額

ゴールドカードを利用すれば限度額が100万円を超えるのですか?といった質問もよく受けます。確かにゴールドカードという響きや年会費が必要なことを踏まえると限度額が大きくなりそうですよね。しかしながらゴールドカードだからといって限度額が大きくなるかと言われればそうではありません。

クレジットカードの限度額は利用者の信用情報に基づいて審査されるため必ずしも厳しい審査に通過したので限度額が大きくなるということではないのです。ゴールドカードでも場合によっては30万円程度の限度額になってしまうこともあります。

ゴールドカードの年会費

年会費の高さやステータス性の高さが何かと話題に挙がるのがゴールドカードです。高額な年会費が設定されている印象が強いゴールドカードですが実際にはどの程度の維持費が必要となるのでしょうか。一般カードのように年会費無料のゴールドカードはあるのでしょうか。ここは皆さんが特に気になるお金の部分だと思います。今回は世の中に存在しているゴールドカードとその年会費の関係についてまとめています。

■ゴールドカードの一般的な年会費

ゴールドカードの種類も様々あるのですが年会費に関してはある程度の基準が存在しています。その基準となる年会費というのが10000円+税というものです。つまり税込み10800円のゴールドカードというのが世の中の相場となっているのですね。これを高いと見るか安いと見るかは個人によってかなり差がある部分だと思います。1万円というのは一つの大台に乗っている金額ですからね。ただどのクレジットカードであってもその付帯サービスを存分に活用できれば年会費以上の価値を生み出すことが可能です。またゴールドカードであっても「三井住友VISAゴールドカード」などは年会費の割引を用意していますので条件を満たすと半額程度の年会費で持てるようなものも発行されています。

■比較的安いゴールドカード

年会費が1万円を切っているゴールドカードが存在していないかと言われるとそんなことはありません。「MUFGカード ゴールド」と呼ばれる三菱UFJニコスが発行しているクレジットカードでは条件を満たすとなんと年会費が1028円です。一般カードでも年会費が1250円+税のものも多いですので、ここまで安いとゴールドカードであることを疑いたくなってしまうものです。ただここまで安い年会費のゴールドカードであってもゴールドカードとしての付帯サービスは用意されています。

これは極端な例でしたがゴールドカードの中には3000円程度で手に入れれるものもありますし、条件を満たせば5000円を切るようなものもありますのでそこまで大きな出費にはならないはずです。またごくごく一部とはなりますがゴールドカードであっても年会費が無料のものも存在しています。

■高額なゴールドカード

ゴールドカードの代名詞とも言えるような「アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード」は年会費が3万円を超える高級クレジットカードです。ゴールドカードの中にはこういったものが存在しているので皆さんもゴールドカード=高級なものと認識しているのではないでしょうか。これも一部の極端な例ですので全てのゴールドカードがこのような高額な年会費を設定している訳ではありません。

法人でも作れるゴールドカード

クレジットカードの中でもステータス性が高いといわれているものがゴールドカードです。このゴールドカードは個人で利用されている方が多いのですが実は法人でもゴールドカードが提供されています。もちろん法人カードであっても一般カードよりもゴールドカードの方がステータス性が高いものですし、お客様がクレジットカードを目にした時にゴールドカードであれば会社の安心感も高まることでしょう。今回は法人カードとして作成することが出来るゴールドカードの中で特に私がおすすめしているものピックアップしてご紹介したいと思います。

■アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カード

個人向けのクレジットカードとしてもステータス性が高いことで有名なアメリカン・エキスプレスですが、法人カードにおいてもゴールドカードとして大きな存在感を示しています。年会費は法人カードとしても高額な31000円+税という価格設定にはなっているものの、ステータス性の高いアメリカン・エキスプレスとして様々な特典を法人カードにも提供されています。

私がいくつもあるサービスの中で特におすすめしているのが四半期ごとに支払いに関するレポートを送ってくれるというものです。クレジットカードで決算した内容を会社で全て仕分けするのはそれなりの手間が必要となります。しかしこのアメリカン・エキスプレスのサービスを利用するとどういった種別にどれぐらい支払いをしているのかをまとめて提示してくれます。これによって支出の状況が判断しやすくなり、どういったことにお金が使われているのかを簡単に確認できるようになります。アメリカン・エキスプレスとして人気が高い保険のサービスも法人カードであっても付帯されていますので安心感も高いです。

■JCBゴールド法人カード

JCBが発行している法人用クレジットカードの中でも年会費と付帯されている特典のバランスが特に取れているものがこちらのJCBゴールド法人カードです。年会費は10000円+税ですので法人カードと言えどもゴールドカードの相場で価格が設定されています。

少ない人数で利用するだけではなく中小企業での利用にも対応していますので人数が多くなった場合であっても利用することが可能なのも嬉しいポイントです。また車での移動が多い法人には嬉しいETCカードの無料発行にも対応していますのでちょっとした経費精算の簡略化に繋げることも可能です。付帯保険もゴールドカードらしくなっていますし法人カードのほうが個人向けカードよりも充実している部分もあります。