必見!ゴールドカードの活用術

ゴールドカードの魅力

クレジットカードの中でもワンランク上の性能を持っているのがゴールドカードと呼ばれる種類のものです。一般カードとは異なりゴールドカードには各社が様々な特典を付帯させて魅力があるものに仕上げています。この魅力について理解していなければ自分に合ったゴールドカードを探すことは出来ません。一般カードからゴールドカードにステップアップするためにも知っておきたいゴールドカードの魅力とはどのようなものなのでしょうか。

まずゴールドカードは年会費を支払う代わりに数多くのサービスを受けられるクレジットカードだと認識することが大切です。年会費無料のクレジットカードでは提供されていないようなサービスを利用することが出来るのですね。そこに年会費の意味がありますので自分が利用しないサービスが多いゴールドカードを選んでも意味がありません。ちなみに一般的な年会費の相場は10000円程度となっており、これぐらいの年会費のものであれば自分の用途に合わせて選ぶと良いでしょう。

ゴールドカードを利用することの魅力として挙げられる1つのことが旅行に関連するサービスが充実するということです。例えば海外で万が一のときがあったことに利用できる旅行傷害保険というものがあります。年会費無料のクレジットカードには付帯されていないことも多いのですが、ゴールドカードともなると5000万円から1億円ぐらいの付帯がされていることも多いです。これだけあればある程度の問題には対応できるからすぐれものです。またゴールドカードの中には飛行機が遅延したり手荷物が無くなってしまった場合に利用できる保険が付帯されていたりもします。
また保険面以外でもゴールドカード以上であれば国内の空港ラウンジが利用できるようになるなど他の人とは少し違ったワンランク上の生活をサポートしてくれたりもします。

この他にあるのはゴールドカードを利用することによる各種優待でしょう。これにはクレジットカードによって違った魅力があるのですが、アメリカン・エキスプレスブランドで発行されているクレジットカードであればホテルでの優待が用意されていることが魅力となっています。またどのゴールドカードであっても食事に関する優待が付帯されていることが大半であり、レストランなどを優待価格で利用できるのも魅力的です。

一部のゴールドカードには会社独自のサービスが付帯されておりそれが魅力となっていることもあります。自分にあった良いサービスを探すのはゴールドカードの楽しみでもあります。

ゴールドカードの審査はどうか

昔のゴールドカードといえばある程度審査が厳しいものとして知られており、年齢制限であれば30歳以上とか年収の制限であれば500万円以上というものも普通に存在していました。しかし最近ではゴールドカードをもっと利用してもらいたいというクレジットカード会社の思いからかここまで厳しい条件が設けられたゴールドカードというのは数が減ってきました。全体的に審査は緩和されている傾向にあるのですね。

最近人気の高いセゾン系のゴールドカードである、セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス・カードであれば年数は300万円程度でも十分に審査に通った実績もありますし新社会人でも持てるようなものが増えてきています。
ただ、クレジットカードの審査においてはクレジットヒストリーと呼ばれるものも重要になってきます。このクレジットヒストリーとは今までどの程度クレジットカードを利用してどういう風に支払いをしてきたかを表すものです。ゴールドカードともなると限度額が大きくなる傾向もあり、この今までに支払いを遅延なく済ませているかという情報がある程度大切となります。いきなり限度額の大きなクレジットカードを発行して回収不能になればクレジットカード会社はその分損をしてしまうことになります。こういったことを回避するためにも審査の基準は甘くなってきたとは言えどもクレジットヒストリーがあまり無い方にはゴールドカードの審査が厳しくなるような傾向があるようにも感じます。もしクレジットカードをいきなりゴールドカードで申し込んで審査に落ちたときはこういった部分も考慮してみると良いかもしれません。

ゴールドカードは年会費が高くステータス性が高いものほど純粋に審査が厳しくなっている印象があります。一般カードであれば年会費が必要なもののほうが年会費無料のものよりも少し甘いと言われていましたらゴールドカードではそんなことありません。年会費が高額なクレジットカードとして有名なアメリカン・エキスプレスのゴールドカードに関しても審査は厳し目に設定されています。ただ昔に比べるとこのアメリカン・エキスプレスも審査は甘くなったのでは無いでしょうか。
また国際ブランドの中ではアメリカン・エキスプレスと並んでJCBもステータス性の高いゴールドカードの審査が厳し目となっています。JCBはそもそも審査を非常に丁寧にする会社であり発行に時間を要する会社でもあります。それだけ様々な点から審査しているということなのでしょう。

国内空港ラウンジ利用できるゴールドカード

ゴールドカードの魅力の1つに空港ラウンジが利用できるというものがあります。この空港ランジの利用を重視してゴールドカードを選ぶときには年会費なども気になるところですが、どれぐらい空港ラウンジ利用することがあるのかを踏まえておくということです。日本国内に限った場合でもゴールドカードの種類によって空港ラウンジの付帯サービスは事なたもんとなっています。今回はゴールドカード相当のクレジットカードも含めてご紹介しています。

■UCSゴールドカード
日本全国の空港ラウンジが利用できて最も年会費が安いのはこちらのゴールドカードです。年会費だけで見るとMUFGカード ゴールドなどがさらに安いものととなってはいますが利用できる空港ラウンジの数が異なります。
日本全国28の空港でラウンジを利用するのであればコスト面ではこのゴールドカードを利用するのが良いでしょう。ポイントの還元率も決して悪くは無いので総合的に利用する価値は高くなっていると思います。

■セゾン・ゴールド・アメリカン・エキスプレス・カード
年会費を抑えてアメリカン・エキスプレスブランドを持つことが出来るセゾンのゴールドカードです。本来ならば3万円以上必要となるアメリカン・エキスプレスのゴールドカードですがセゾンの提携カードを利用すればなんと年会費は10800円というお得な価格で利用できます。
もちろん国内の主要な空港ラウンジとは提携されていますしアメリカン・エキスプレスですので旅行に関しては傷害保険なども充実しています。セゾンのクレジットカードとしてもお得に買い物が出来たりポイントが貯まりますので総合的な魅力は高いゴールドカードの1つです。

■JAL アメリカン・エキスプレス・カード 渕井カード
JALカードの1つであるこちらのクレジットカードはランクとしてはゴールドカードに近いのですが扱い上は一般カードとゴールドカードの間のようなものとなっています。
こちらのクレジットカードを利用すると国内28の空港ラウンジが利用できるのですが、なんと同伴者に関しても1名は無料で利用することが出来るのですね。年会費は5400円のクレジットカードですので、この年会費で同伴者も利用できるのであれば仕事などでも利用できますし嬉しいですね。
JALカードとしてマイルが貯まりやすいクレジットカードでありますし、アメリカン・エキスプレスとしてトラベルやレジャー面も強化されていますので旅のおともに良いクレジットカードです。

ゴールドカードでプライオリティパスを手に入れる

空港ラウンジを利用するための会員証であるプライオリティパスというものを皆さんは御存知でしょうか。日本では利用可能な空港が限られているのですが、世界で見ると900以上の空港ラウンジが利用できるサービスがこのプライオリティパスなんですね。本来はプラチナカードのようにステータス性の非常に高いクレジットカードにのみこの会員権が付帯されていたのですが、最近は数は少ないもののゴールドカードにも付帯されています。ゴールドカードのほうが年会費が安いものもありますしお得にプライオリティパスを手に入れましょう。

■楽天プレミアムカード
ゴールドカードでプライオリティパスを手に入れたいと考えたときに最も早く検討してみるクレジットカードはこちらです。年会費10800円というゴールドカードとしては標準的な相場でありながら、プライオリティパスにはいつでも何回でも無料で利用できるプレステージ会員が付帯されてきます。
楽天のクレジットカードでありますので、ポイントサービスも充実しており楽天での利用に関してはポイントの還元率が優遇されています。最近は貯めたポイントも楽天ポイントとして街なかで利用できる機会が増えてきましたし、プライオリティパスが無料で手に入るということ以外にも利便性の良いゴールドカードであると考えられます。

■JCBゴールド ザ・プレミアム
こちらはJCBが発行するゴールドカードの中でもワンランク上の上位版ゴールドカードです。一般的に発行されているゴールドカードはJCBゴールドと呼ばれるものなのですが、こちらにはプライオリティパスが付帯されていません。こちらのゴールドカードを2年連続年間100円以上利用することによってこちらのゴールドカードにランクアップされるのです。
ワンランク上のゴールドカードらしくプライオリティパスや京都駅ビルに設置されているラウンジを無料で出来るなどのサービスが付帯されています。

■アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード
旅行サービスが充実しているアメリカン・エキスプレスのゴールドカードもプライオリティパスに対応しています。ただこちらのプライオリティパスはスタンダード会員と呼ばれ毎回の空港ラウンジ利用料が必要となってしまうタイプとなっています。
アメリカン・エキスプレスはどのクレジットカードでも年会費が高くプレステージ会員が付帯されていると思いたくなるのも分かります。ただこちらに関してはプライオリティパスではなく他の部分でのサービスの充実でカバーされていると考えるのが良いでしょう。

独自の特典を持つゴールドカード

ゴールドカードは一般カードに比べて特典を充実させたり保険を充実させるなどして他社と差別化を図ってます。この特典というのはゴールドカードによって多種多様であり利用者としてもなにを選ぶのか難しい部分でもあります。今夏は買い物や割引制度、少し変わったサービスまで独自の特典を用意しているゴールドカードをご紹介します。

■セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス・カード
年会費を抑えてアメリカン・エキスプレスを持てること有名なこちらのゴールドカードですが、特典としても独自のものが用意されています。例えばセゾンが提携しているPARCOやLoftでの利用に関しては特定の曜日に限りますが5%オフといった特典が用意されています。また西友でも5%オフの特典が提供される日が用意されていますしセゾンとしての独自優待が数多く付帯されています。
またゴールドカードとしての優待も用意されておりアメリカン・エキスプレスらしくトラベル面でも充実したものとなっています。

■dカード GOLD
まさにドコモの携帯電話などを利用している方向けという独自のサービスが用意されているクレジットカードです。ドコモの携帯電話やインターネット回線の支払いにこちらのゴールドカードを利用するとなんと10%ものポイントが還元されます。年会費は1万円とはなっているのですが、ポイントの還元率を踏まえると他のクレジットカードで支払うよりも総合的にはお得になることが多々あると思われます。
またドコモの携帯電話に対する保証サービスも付帯されています。端末に何かしら問題が発生したときに特定の条件は付帯されてしまいますが最大で10万円まで補償が用意されています。

■ライフカード ゴールド
クレジットカード業界ではかなり有名なライフカードもゴールドカードが用意されています。ライフカードといえば年会費が安い・無料であることで有名なのですがさすがにゴールドカードともなるとそうはいかず10800円に設定されています。ゴールドカードとしては妥当な金額ですのでここは仕方がないと思うしか無いでしょう。
独自の特典としてはまずロードサービスが充実しているということがあります。クレジットカードに付帯されているロードサービスはサービスが車に依存している訳ではないのでレンターカーなどでも利用できるのが嬉しいですね。
また弁護士に1時間まで無料で相談できるサービスも用意されています。何かしらのトラブルに巻き込まれてしまったときに相談できるのは独自のサービスではないでしょうか。