おすすめクレジットカードの三井住友VISAプライムゴールドカードの特徴とは

年会費を抑えたゴールドカード

ゴールドカードといえば年会費10000円が相場とはなっているのですが、一部にはこれを遥かに下回るゴールドカードも用意されています。ゴールドカードはステータス性の証明であるためある程度の年会費が必要となるのは仕方ないものの、可能であれば出来る限り安く持ちたいのも事実だと思います。年会費とサービスのバランスを考慮しておすすめをご紹介します。

■三井住友VISAゴールドカード
日本で有名なクレジットカード発行会社である三井住友カードが発行しているゴールドカードです。こちらのクレジットカードはプロパーカードと呼ばれ非常に信頼感のあるクレジットカードとなっています。
年会費は通常であれば初年度は無料であるものの10000円+税に設定されているのですが、条件を満たすことで4000円+税まで割引を受けることが可能です。三井住友カード独自のサービスもゴールドカードらしく充実していますのでお得感の高いクレジットカードの1つでしょう。

■MUFGカード ゴールド
ゴールドカードの中でも非常に年会費の安いクレジットカードがこちらです。三菱UFJニコスが発行しているクレジットカードであり信頼性も高いものでありながら年会費は初年度は無料で翌年度からも1905円+税という破格の設定となっています。しかもれこれに加えて所定の条件を満たすことで年会費は半額となりますので税込みで1000円程度の超格安ゴールドカードとして所有することが出来るのです。
ただ、年会費が抑えられているため国内で利用できる空港が少し少なくなっていたり、旅行傷害保険が他のゴールドカードに比べると少し物足りない2000万円に設定されています。これは年会費とサービスのバランスを考える上で重要でしょう。ただポイントの還元率は悪いものではありませんので、とにかくゴールドカードを持ってみたい方はこちらもおすすめです。

■UCSゴールドカード
年会費の初年度無料は設定されていませんが常時3000円+税の比較的安い価格帯のゴールドカードとなっています。この価格帯でありながら空港ラウンジは日本で28空港利用できるなど魅力は数多く用意されています
ポイントの還元率は0.5%とクレジットカードとしては標準的なものではありますが、年間のポイント獲得量によって翌年度のポイント還元率が変わるという仕組みが採用されています。
ロードサービスも用意されていますし総合的に年会費以上の価値があるクレジットカードでしょう。

■おすすめクレジットカードの三井住友VISAプライムゴールドカード年会費は高いの?安いの?

ゴールドカード系のクレジットカードに関しては、多くの方が利用したい、と考えているわけです。やはり使い勝手という面で見ても、ゴールドカード系のクレジットカードは利用価値があります。例えば、高額の買い物をしたい、という場合では一般のクレジットカードを選択してしまうと、限度額オーバーで利用できない可能性もありますよね。そんな時の悩みを解消してくれるのがゴールドカードなんです。

今回はゴールドカード系クレジットカードである三井住友VISAプライムゴールドカードについて解説します。まずは多くの方が知りたい年会費について明らかにしていきますね。

・三井住友VISAプライムゴールドカードの年会費とは?

三井住友VISAプライムゴールドカードの年会費は、ゴールドカードでありながら非常に有利な設定になっています。初年度年会費は無料の設定となっており、2年目以降に関しては5,400円となっています。比較的少額の年会費設定となっているので、ゴールドカードであったとしても使い勝手が良い、と感じている方が少なくありません。

三井住友VISAプライムゴールドカードがなぜそんなに年会費が有利なのだろう、と思うかもしれません。実はヤング系ゴールドカードだからです。若い過多用のゴールドカードなんぼで年会費を抑えているわけです。

■三井住友VISAプライムゴールドカードのクレジットカードポイント還元率を調べてみた

ゴールドカード系のクレジットカードともなると、ポイント還元率が気になってしまうのではありませんか?そもそもゴールドカードというと、年会費が非常に低い、といった印象があるわけです。果たして三井住友VISAプライムゴールドカードのポイント還元率はどの程度に設定されているのでしょうか?

・三井住友VISAプライムゴールドカードのポイント還元率とは?

0.5%が基準となっています。やはりゴールドカードなのでそれほど有利なポイント還元率の設定になっているわけではありません。ですから、ポイントを稼ぐために利用するべきクレジットカードではない、ということになります。

例えば月に30,000円のカードショッピングをしたとすると、月の獲得ポイントは150円分となります。年間で1,800円分のポイントが獲得できる、と言うわけです。

ただし、上記したものはあくまで標準のポイント還元率です。実は、ポイントアップモールを経由して買い物をするだけで、獲得ポイントは倍増します。ですから標準のポイント還元率が1.0%になるわけです。月に30,000円の利用で、ひと月あたり300円分のポイント獲得になり1年間で3,600円分のポイント獲得が出来る、と言うわけです。

■三井住友VISAプライムゴールドカードのクレジトカード入会キャンペーンをチェック!

せっかくゴールドカード系クレジットカードに入会しようとするのであれば、やはりキャンペーンに注目したいところですよね。実際に上級系のクレジットカードの入会をする時には、様々なキャンペーンが用意されていることが多いのです。そのお得なキャンペーンを利用して、お得に入会する、ということを考えましょう。

今回は三井住友VISAプライムゴールドカードの入会キャンペーンについてお話します。

・三井住友VISAプライムゴールドカードの入会キャンペーンが豪華!

最大でキャッシュバックが7,000円分も受けられる、といった特徴を持っているのです。新規の入会と利用で1,000円のキャッシュバックが誰でも受けられます。他にも家族カードの同時入会や利用で1,000円のキャッシュバックが加算されるなど、総額で7,000円分のキャッシュバックが受けられるのが三井住友VISAプライムゴールドカードの強みでもあるわけです。

入会キャンペーンについては、期限が設けられているのでまずはそのチェックを行いましょう。公式ホームページを随時確認して、いま申し込むとどのようなキャンペーンに参加できるのか、ということも確認すべきです。

もちろん入会キャンペーンが合意化であるからという理由だけでカードを作るのは間違っています。しかし、やはり魅力的なものは魅力的なので注目しておいて損はありませんよ。

■三井住友VISAプライムゴールドカードは20代限定のクレジットカード!

ゴールドカード系のクレジットカードは、すべてが18歳以上や20歳以上であれば申し込める、といったものではありません。実はゴールドカードでありながら、20歳限定のクレジットカードもあるのです。いわゆる、ヤングゴールドカードと呼ばれるものもあるので、20代でゴールドカードを持ちたい、という方は注目です。

今回は、そんなヤングゴールドカードである三井住友VISAプライムゴールドカードと年齢について詳しくお話しますね。

・三井住友VISAプライムゴールドカードの年齢条件を徹底的に調査してみた

三井住友VISAプライムゴールドカードですが、全年齢を対象にしたものではありません。年齢限定型のクレジットカードなのです。

入会資格に関しては、「満20歳以上30歳未満」の設定となっています。ですから30代以降の方が入会することは出来ません。
仮にカードを継続していって、30歳になった場合は次回の以降の更新で一般のゴールドカードへのランクアップとなるわけです。年会費が高くなってしまいますが、いままでの三井住友VISAプライムゴールドカードよりも圧倒的に使い勝手は良くなります。ですから、年会費が今までよりもかかるからといって解約してしまうのはもったいないですよ。30歳になるまで使い切ってその後も継続して利用していきましょう。

■三井住友VISAプライムゴールドカードのクレジットカードの国際ブランドとは?

ゴールド系クレジットカードは、実は使いこなせていない人が圧倒的に多いのですゴールドカードとしての機能を活かしていかなければなりません。そもそも年会費もかかっているわけです。カードをしっかりと活用して、年会費分程度は取り戻さなければなりません。

今回は若者向けゴールドカードである三井住友VISAプライムゴールドカードの国際ブランドについて徹底解説します。三井住友VISAプライムゴールドカードの国際ブランドはどのような内容になっているのでしょうか。たくさん用意されているのでしょうか。確認してみましょう。

・三井住友VISAプライムゴールドカードの国際ブランドとは?

「VISA」
「MasterCard(マスターカード)」

じょうkいの二つのタイプの国際ブランドが用意されています。どちらも非常に有名なクレジットカードの国際ブランドとなっており、使い勝手も全く問題ありません。そこでチェックしてみたいのが、国内の利用と海外の利用です。どちらのほうが使い勝手が良いのでしょうか?

実はどちらも使い勝手が良くて、甲乙つけがたい状態となっているのです。国内でも圧倒的な利用し安さがありますし、海外でも圧倒的な利用し安さがあります。そもそもVISAとMasterCard(マスターカード)は全世界的にクレカのシェアを分け合っているほどです。両方が利用できる店舗というものがほとんどなのです。

■三井住友VISAプライムゴールドカードはクレジットカードなのに電子マネーがたくさん利用可能!

ゴールドカード系クレジットカードには電子マネー機能がついているものも増え始めました。電子マネー系の機能がついていることで、実際に圧倒的に利用しやすくなっているのです。例えば、クレジットカードが利用できない店舗がありますよね。そういった店舗であったとしても電子マネーであれば利用できる、ということがあるわけです。

こちらでは電子マネー機能付きのゴールドカードである三井住友VISAプライムゴールドカードとい電子マネーの関係性に迫ります。

・どのような電子マネーが利用できるのか?

「iD」
「PiTaPa」
「WAON」
「iD(携帯)」
「Visa payWave」

なんと以上の5つもの電子マネーサービスが付いているクレジットカードなのです。いくらゴールドカードとは言え、ここまで電子マネーが利用できるカードは多くはありません。圧倒的に決済がしやすいカード、と言っても過言ではないわけです。

確かに、多くの電子マネーがついていると利用時に混乱してしまうこともあるでしょう。その分様々な店舗で利用できるので、キャッシュレスな生活がより送りやすくなります。現金を持ち歩く、というのはあまり良いことではありませんよね。盗まれてしまうかもしれません。しかし、カード一枚で出金管理が出来るようになればセキュリティも圧倒的に高まるというものです。