様々なおすすめゴールドクレジットカード

お得なサービスでおすすめのゴールドカード

ゴールドカードといえばステータス性の高さを証明するクレジットカードだと考えている方も多いと思います。それは間違った考えではなく事実として私もそれなりのステータス性を表すものとしてゴールドカードを所有しています。しかし最近のゴールドはそういったステータス性の高さだけではなく、いかに利用者にお得なサービスを提供できるかということで争うような時代となってきました。ゴールドカードであっても付帯サービズだけではなく目に見えるお得さを重視するものが増えてきたのですね。そんな目に見えてお得さを感じられるおすすめゴールドカードをまとめています。

■SBIゴールドカード
あまり普及していないゴールドカードかもしれませんがMasterCard系のゴールドカードとしてこのSBIゴールドカードがあります。余談ですが上位カードはMasterCardで数少ないプラチナカードとなっていますのでくれとしては十分に権威のあるものです。
さてこちらのゴールドカードはまずポイント還元率が高めに設定されており基本が1%となっています。最近はこの程度のポイント還元率が設定されているクレジットカードも増えてきましたね。そしてこのポイント還元率に加えてボーナスポイントが付与されるような仕組みにもなっています。最大で半年毎に1万ポイントが付与されるようになりますので実質的なポイント還元率は1.2%以上といったところでしょうか。しかもこのポイントはキャッシュバックにも利用することが可能ですのでお得さがより感じられるおすすめクレジットカードです。

■dカード GOLD
最近会員数を大きく伸ばしているゴールドカードです。Docomoと提携して発行されているクレジットカードですがDocomo以外の利用でもお得さを感じられるゴールドカードとなっています。
基本的に貯まるポイントはDocomo系列のポイントであるdポイントとなっています。共通ポイントとしてはまだ成長過程にあるポイントシステムですがコンビニ大手のローソンで利用できることで人気を高めています。こちらのクレジットカードを利用すればポイントが貯まるだけではなくローソンでの利用に関しては3%の割り引きが発生するという特典まで用意されています。店頭では通常の支払いとなるのですが請求時に割引されるような仕組みです。ローソンではポイント還元率も2%となりますし割り引きも適用されますしかなりお得に使用できるゴールドカードでしょう。

世界の空港ラウンジが利用できるゴールドカード

ゴールドカードは様々な空港ラウンジが利用できることが特徴でありおすすめの理由であることも多々あります。一般的なゴールドカードであれば日本の多くの空港で空港ラウンジが利用できるのですが、一部のゴールドカードを利用すれば世界の空港ラウンジも利用できるようになります。あまり知られていないクレジットカードが実は凄い空港ラウンジを利用できることもありますので世界に通用するおすすめ空港ラウンジを利用するためにもゴールドカードを手に入れてみてください。

■デルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード
日本ではほとんど知られていないゴールドカードだとは思いますがデルタ航空とアメリカン・エキスプレスが提携して発行しているクレジットカードです。こう紹介すると日本では利用できないような印象があるかもしれませんが日本でも利用できますので心配の必要はありません。
こちらのクレジットカードを所有することによってデルタ航空の上級会員である「ゴールドメダリオン」になることが出来ます。この会員となることによってスカイチームに加盟している航空分を利用した際に世界で600箇所以上にものぼる提携ラウンジを利用することが可能となります。スカイチームのラウンジを利用する際には同伴者も1名まで無料で利用することが出来ますので友人などとの旅行でも活躍することがあるでしょう。

■デルタ スカイマイル SuMi TRUST CLUB ゴールドVISAカード
上記のゴールドカードに関連してもう1つデルタ航空のおすすめクレジットカードをご紹介します。こちらはゴールドメダリオンを手に居入れることは出来ないのですが、年に3回まではデルタ航空の空港ラウンジを利用することが可能となっています。それ以降も利用することは出来るのですが別途費用が必要となってしまいます。
こちらのゴールドカードは空港ラウンジが利用できることも魅力的ですがマイルの還元率が高めとなっていますのでそちらにおすすめ度を感じる方も多いようです。

■楽天プレミアムカード
こちらのゴールドカードでは直接空港ラウンジが多く利用できる訳では無いのですが、日本で発行されているゴールドカードの中で最も安くプライオリティパスのプレステージ会員を手に入れることが出来るのでおすすめです。
本来プレステージ会員と言えば年会費が4万円程度必要となる空港ラウンジサービスです。しかしながら楽天プレミアムカードを利用すれば年会費1万円でこれを手に入れることが出来るので非常にオトクです。

保険の充実度合いでおすすめのゴールドカード

ゴールドカードをせっかく持つのであれば注目したいのはどの程度の付帯保険が用意されているのかということです。ゴールドカードともなると保険が付帯されていないものはほとんど無いのですが、その付帯内容というのはクレジットカードによって大きく差が出てしまいます。ゴールドカードのおすすめを探すうえで一つの指標として保険がどの程度付帯されているのかということに注目することもあるぐらいですし、保険面でおすすめのゴールドカードをご紹介します。

■アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード
保険が充実したゴールドカードの代名詞とも言えるのがアメリカン・エキスプレスのこちらのクレジットカードです。旅行保険に限らず総合的な保険が付帯されているこちらのゴールドカードはステータス性の高さから見てもおすすめ度高い1枚となっています。
皆さんが気にすることの多い旅行保険、傷害疾病治療保険が充実していることはもちろんのことリターン・プロテクションといった買い物に対する保険も充実しています。海外航空便遅延保険も付帯されていますので海外旅行のお供にもバッチリなゴールドカードと言えるでしょう。

■JTB旅カード JCB GOLD
あまり知られていないゴールドカードではあるのですが、JCBと旅行会社大手のJTBが提携してゴールドカードを発行しています。こちらのゴールドカードで注目したい保険はなんといっても旅行取消料補償制度と呼ばれるものでしょう。こちらの制度を利用すると条件は場合により異なったものにはなっていますがJTBグループが主催する海外ツアーをキャンセルせざるを得なくなったときにその費用を最大で10万円まで補償してくれます。
また国内航空機の遅延に対する保険や旅行傷害保険も十分な金額が付帯されていますので保険面では申し分の無いクレジットカードです。

■Orico Card THE WORLD
オリコが発行するクレジットカードであり保険とポイント還元率の高さの両面からおすすめできるクレジットカードです。旅行保険は安心の海外旅行傷害保険が最大で5000万円まで付帯されていますし、任意の高い航空機遅延保険も国内・国外ともに付帯されています。
保険の性能も十分に良いものなのですが、海外でこちらのクレジットカードを利用するとなんと2%のポイント還元が用意されています。海外旅行保険を手に入れながらクレジットカードの利用ではポイントが貯まる一石二鳥のおすすめゴールドカードです。

ゴールドカードは付帯保険に注目

年会費が無料のクレジットカードに比べると付帯されている保険が充実しているのがゴールドカードです。旅行傷害保険は年会費無料のクレジットカードには付帯されていないことも多く、付帯されていてもそこまで大きな金額が補償されないようなことも多々あります。しかし大半のものが年会費が必要となるゴールドカードともなるとかなり充実したものに変更されています。そこにゴールドカードの価値があるとも考えられますのでどのような保険が付帯されているのかは注目して選ぶようにしてみましょう。

■アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード
クレジットカードの付帯保険が充実しているものと言えばやっぱりアメリカン・エキスプレスブランドでしょう。こちらのゴールドカードは通常のゴールドカード年会費の相場と比べると高めの29000円+税にはなっていますが旅行傷害保険を含めて付帯保険が充実してます。
旅行傷害保険であれば海外で最高で1億円まで補償されますし、旅行以外にもリターン・プロテクションと呼ばれる返品時のトラブルに関する保険も付帯されています。また旅行などのキャンセルが発生してしまったときにこの費用を補償してくれる保険や海外航空分遅延補償といったものまで付帯されています。

■JCBゴールド
年会費を抑えて付帯保険の充実を目指すのであればこちらのJCBゴールドがおすすめです。ゴールドカードの相場である10800円という年会費でありながら旅行傷害保険は海外が自動で1億円まで対応しています。そしてこれに加えて航空機遅延保険も付帯されていますので、手荷物が紛失されたなどのトラブルによって損害が発生した場合には一定の基準に基づいて補償がされるようになっています。
保険以外のサービスもJCBブランドが提供するゴールドカードということで充実したものになっていますし生活面のサポートとしても利用可能です。

■JTB旅カード JCB GOLD
JCBのゴールドカードと旅行会社大手のJTBが提供して発行されているクレジットカードがこちらです。旅行傷害保険は海外で5000万円と他のゴールドカードに比べると少し劣るようにも見えますがこれでも十分な金額でしょう。
JTBと提携しているゴールドカードということで独自の特典が付帯されており、こちらのクレジットカードでJTBグループが提供する海外ツアーなどの支払いを済ませておくと万が一特定の理由で行けなくなった場合でもキャンセル費用が補償されます。

年会費を抑えたゴールドカード

一般的な印象としては年会費が高額であるものと思われがちなのがゴールドカードです。付帯サービスの内容によって年会費は前後するのが普通ですが最近の年会費相場としては1万円という印象を受けます。最近は年会費1万円で提供されているゴールドカードがかなり増えてきているのですが、この相場よりも安い価格帯で提供されているゴールドカードというものも存在しています。年会費1万円を切るようなお手軽クレジットカードのゴールドカードをご紹介します。

■MUFGカード ゴールド
日頃から利用するサービスが十分に付帯されているゴールドカードの中で非常に年会費が安いものがこちらです。年会費はなんと初年度無料で翌年度からも1905円+税という安さ。そして条件を満たせば翌年度からの年会費がここからさらに半額になるというから驚きです。
また家族カードの年会費に関しても1枚目は無料であり、2枚目からも400円+税という価格になっています。本会員も家族会員もゴールドカードの十分なサービスが付帯されていますが年会費を抑えて持てるクレジットカードとなっています。

■エポスゴールドカード
比較的簡単に年会費を無料にして持つことの出来るゴールドカードがこちらです。基本となる年会費は4630円+税とこちらも標準的な相場よりは安い価格に設定されているのですが、年間50万円以上利用すると次年度以降もずっと無料で利用することが出来ます。翌年度が無料ということはありますが、ずっと無料になるクレジットカードはかなり珍しいでしょう。
エポスカードということもあり国内の数千にもおよぶ提携店で割り引きや各種サービスを受けることが可能となっています。それに加えて海外旅行保険がさらに充実したり空港ラウンジが利用できるというゴールドカードらしい特典も付帯されています。

■三井住友VISAゴールドカード
クレジットカードと言えば三井住友カードと言われるぐらい有名な会社が発行しているゴールドカードも実は年会費を抑えて持つことが可能です。三井住友カードは様々な条件を満たすことによって年会費の割り引きを受けられるクレジットカードとなっています。
付帯されているサービスに関しても年会費が最大割り引き状態で4000円+税になるとは思えない充実したものとなっています。さすが三井住友カードが発行するプロパーカードであるとの印象も受けます。こちらも家族カードに関しては年会費1000円+税ですので格安で質の高いサービスを受けることが可能です。