若者向けや審査が気になる人のためのゴールドカード

若者におすすめ三井住友VISAプライムゴールドカード

三井住友カードが発行しているゴールドカードの中でも20代をターゲットにしたものがこちらです。若者が利用することを想定して作られたクレジットカードとなっていますので一般的なゴールドカードよりも年会費は安めに設定されていますし、条件を満たすと割り引きが用意されているのも特徴的です。
年会費としては持ちやすいものとなっていますが、だからといって付帯サービスが削減されている訳ではありません。内容もしっかりとしたゴールドカードらしいおすすめできるものなのです。

まずはクレジットカード情報を確認しておきましょう。
■クレジットカード情報
発行会社:三井住友カード
年会費:5000円+税
国際ブランド:VISA
家族カード:なし

若者の利用を目的として用意されているゴールドカードとなっていますので他のゴールドカードに比べると審査のハードルが低くなっているのが特徴となっています。年会費も安めに設定してとにかく若者にゴールドカードを利用してもらいたいという三井住友カードの思いが感じられるものなのです。そして一般的にこういった若者向けのクレジットカードは皆さんが思うよりも審査が厳しいものではありません。

ゴールドカードでも所有しやすいように年会費は相場の1万円の半額である5000円が設定されています。しかもここから三井住友カードらしく条件を満たすと最大で年会費が1500円まで割引されるので維持費の面でもおすすめのゴールドカードですよね。

これだけ維持費を抑えたゴールドカードでありながら三井住友カードが提供する付帯サービスはゴールドカードらしさを失うどころか強化されたものなので驚きです。まずポイントの還元率が一般カードの2倍となっています。若者向けのクレジットカードではよくあるサービスではありますが審査がやさしいクレジットカードでポイント還元率が高いのは一つ魅力的な部分です。そしてゴールドカードらしく付帯保険も充実しているところも魅力的なものとなっています。学生向けのクレジットカードであっても旅行保険などは少ししか付帯されていないことも多くネックとなることも多いですが、こちはゴールドカードですので付帯保険も三井住友カードのプロパーカードとして安心できるものが付帯されています。

入会時の審査は若者向けとなっていますので優しいものとなっていますし、このまま利用を続けると30歳以降の更新時に一般的なゴールドカードに変更されます。こちらのゴールドカードは審査が厳しいものとなっていますので早い段階で手に入れることで気軽にゴールドカードを手に入れることにも繋がります。

審査の優しいゴールドカード セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス・カード

セゾンが発行している年会費も抑えられたクレジットカードであるセゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス・カードも審査に通りやすいクレジットカードとなっています。そもそもセゾンが発行しているクレジットカードはプロパーカードなどに比べると非常に審査に通過しやすいものとなっています。限度額は小さめになってしまうこともありますが、割賦枠などを上手く活用して大きな買い物にも柔軟に対応できるようなクレジットカードとなっているのが特徴です。

まずはクレジットカード情報を確認しておきましょう。
■クレジットカード情報
発行会社:クレディセゾン
年会費:10000円+税
国際ブランド:American Express
家族カード:1000円+税

本来であれば29000円+税の年会費が必要となるアメリカン・エキスプレスのゴールドカードですがセゾンで手に入れることによって年会費は3分の1程度の1万円で手に入れることが可能となります。年会費1万円でアメリカン・エキスプレスがでに入るのであればかなりお得ですよね。
一般的にはアメリカン・エキスプレスはどのグレードのクレジットカードであっても審査が厳しいと思われているようです。確かに一般カードに比べると審査が厳しくなってしまう部分はありますが実際には明らかに他のクレジットカードよりも厳しいと断言できるような部分はありません。しかも今回ご紹介していているクレジットカードはアメリカン・エキスプレスが直接発行しているゴールドカードではなくクレディセゾンが発行しているゴールドカードです。そういったこともあり皆さんが思っているアメリカン・エキスプレスほど審査は厳しくなくクレジットカードを発行しやすいものとなっています。私が社会人になって半年程度で申し込みをした時にもこちらのゴールドカードは手に入りました。当時23歳で年収もまだ確定していないような時期でしたがそれでもクレジットカードが発行されたことを今でも覚えています。

クレディセゾンは審査に通過しやすいクレジットカード会社であり、クレジットカードをとにかく多くの方に利用してもらいたいという姿勢を貫いています。そういった方針に関わっているのかは分かりませんが、セゾンのマークを付けたお店など提携店が年々増えてきています。雑貨などを取り扱っているLOFTも提携店でクレジットカードの利用によって割り引きを受けられることもありますし、他の提携店でも割り引きやポイントサービスが充実しているのも特徴です。

楽天ゴールドカードの年会費がお得

ゴールドカードはたくさんあります。しかもそれぞれのカードにはそれぞれの特徴があるわけです。2つとして同じカードがあるわけではありません。

こちらでは楽天カードのゴールドカードである楽天ゴールドカードについて解説します。どのような特徴を持っているクレジトカードなのでしょうか。その内容を詳しく確認してみましょう。

■楽天ゴールドカードの年会費はどのくらいに設定されているのか?

・年会費は低めに設定されている

ゴールドカードというと年会費が高めに設定されているイメージがあるかもしれません。しかし楽天ゴールドカードについては、それほど年会費が高めに設定されていないのです。比較的手の出しやすい価格帯、といっても良いかもしれません。

・初年度年会費・・2,160円
・2年目以降年会費・・・2,160円

年会費は2,000円程度となっているので、他のゴールドカードとは大きく異なっています。一般的なゴールドカードの年会費は、10,000円から20,000円程度が相場になっています。ですから楽天ゴールドカードは圧倒的に有利に利用できるゴールドカードなのです。

もちろん見た目も金ピカとなっており、紛れもないゴールドカードです。

年会費が低いということですが、ラウンジ利用も出来るなど特に問題もありません。使い勝手が良いゴールドカードです。

楽天ゴールドカードのポイント還元率が素晴らしい

ゴールドカードというと、あまりポイントには力を入れていない、という印象もあるでしょう。実際にポイント還元率が優れているゴールドカードと言うものは多くないのが実情なのです。

しかし今回紹介している楽天ゴールドカードについては、ポイント還元率も素晴らしい内容になっています。ポイントがザクザク貯まるクレジットカードなのです。では楽天ゴールドカードのポイント還元率はどの程度になっているのでしょうか。

■楽天ゴールドカードのポイント還元率とは?

・標準のポイント還元率について

標準のポイント還元率は1.0%となっています。ですから普通の楽天カードとポイント還元率については全く一緒、ということになるわけです。しかし楽天カードと言えば、楽天サービスを利用するとたくさんのポイントがもらえますよね。
楽天ゴールドカードについても楽天系のサービスを利用するとポイントがたくさんゲットできるチャンスが有るわけです。

・楽天市場で買い物をすると・・・

なんと全商品がいつでもポイント5倍になるのです。100円につき5ポイントも貯まる計算です。さらに楽天市場のアプリを利用すると。さらに+1倍になります。楽天モバイルの利用でもさらに1倍となり、最大で通常の7倍ものポイントがゲットできるチャンスがあります。
楽天市場を利用している方は楽天ゴールドカードを有効活用しましょう。

楽天ゴールドカードなら空港ラウンジが無料利用可能

ゴールドカードの魅力といえば、やはり空港ラウンジでしょう。ラウンジが無料利用できるゴールドカードが多くなっているのです。海外旅行にいくまえに、一般的なロビーで待っているのではなく、セレブリティなイメージのあるラウンジを無料利用できます。リラックスも出来ますし、ちょっとした飲みものや軽食が出てくることもあります。

こちらでは楽天ゴールドカードにおける空港ラウンジの利用について詳しく解説します。

■楽天ゴールドカードと空港ラウンジの関係性

・どこの空港ラウンジが利用できるのか

まずは国内の主要空港のラウンジが利用できます。国際便お発着がある空港であれば、基本亭に利用できるケースが多くなっています。
さらに海外の空港ラウンジの利用も可能です。
ハワイのホノルル国際空港と、韓国の仁川国際空港のラウンジも利用できるのです。ですからホノルルから返ってくるときにもラウンジが利用できますし、インチョンから帰ってくるときにもラウンジが利用できるのです。

・プライオリティパスはついていない

残念ながら世界の空港ラウンジが利用できるプライオリティパスについてはついていません。プライオリティパスについては、基本的に年会費の高いゴールドカードについているものなのです。年会費が2,000円程度の楽天ゴールドカードにはついていません。

楽天ゴールドカードの初年度利用限度額設定とは

ゴールドカードを利用する場合ですが、大きな買い物をするために、というケースも多いのではありませんか。一般おカードと比較すると、実際にゴールドカードに関しては利用限度額設定が高くなっているのです。高額な買い物ももちろん可能です。

そこで注目したいのがこのサイトで紹介している楽天ゴールドカードの初年度利用限度額設定はどうなっているのか、という部分です。高い年会費が設定してもらえるチャンスは有るのでしょうか。それとも年会費も低いですし、利用限度額についてはそれほど期待できないのでしょうか。確認してみましょう。

■楽天ゴールドカードの初年度利用限度額設定がこれだ!

・最高利用限度額・・・200万円

楽天ゴールドカードの初年度利用限度額設定ですが、実はそれほど高くはありません。最高でも200万円までとなっているのです。しかも、最小利用限度額については公表されていないので、最低でいくらに設定されるのかも分かっていないのです。もしかすると10万円程度かもしれません。

200万円の最高利用限度額ということですが、もちろん審査によって個別に判断されます。200万円とされる人もいれば、数十万円の人も出てくるのです。利用限度額についてはあまり期待できません。

楽天ゴールドカードの入会条件と発行期間とは

ここまでおすすめゴールドカードである楽天ゴールドカードについて様々なテーマでお話してきました。メリットもデメリットもあるカードなのです。
中には申し込みたいと思っている方もいるでしょう。

こちらでは楽天ゴールドカードの入会条件と発行されるまでの期間をお話します。入会条件は厳しく設定されているのでしょうか。発行期間は短いのでしょうか。それとも長いのでしょうか。

■楽天ゴールドカードの入会資格について

・年齢・・・20歳以上であること
・収入・・・安定収入があること

楽天ゴールドカードについては、年齢制限は一般的です。20歳以上となっているので、年齢としてはそれほど厳しく設定されているわけではありません。ただし、未成年の申し込みはできない、といった設定になっているわけです。

収入についても額については細かい取り決めはありません。安定した収入があれば問題なし、としているのです。ただしあきらかに収入が低い方はゴールドカードでもあるので難しいです。

■楽天ゴールドカードの発行期間

・約1週間から2週間程度

すぐにはこうしてくれるわけではありません。ゴールドカードでもあるので比較的しっかりと審査を行っているのです。

発行完了メールが届いてから1週間ほどで手元に届きます。

楽天ゴールドカードの提携マイレージ

楽天ゴールドカードですが、マイルを集めている方にとっても注目すべきカードとなっています。そもそもクレジットカードを利用する目的はマイルを集めるため、という方も多いのではありませんか。

こちらでは楽天ゴールドカードの提携マイレージについてお話します。実際にどこと提携しているのでしょうか。
交換レートはどうなっているのでしょうか。確かめてみましょう。

■楽天ゴールドカードの提携マイレージについて

・ANAマイレージと提携している

楽天ゴールドカードですが、ANAマイレージと提携しています。ですからANAマイルをよく利用している、という方には必見のクレジットカードとなっているのです。無料航空チケットとの交換を狙っている、という方もいますよ。

では気になってくるのが交換レートでしょう。交換レートについては、2ポイントにつき1マイルとなっています。1ポイントあたり1円相当なので、1マイルあたり2円分のポイントと交換、ということになります。

交換単位については50ポイント以上から、となっています。50ポイントは5,000円利用すれば獲得できるポイントなので、移行するのは極めてハードルが低い、といっても過言ではありません。
気になる移行手数料は無料となっています。気軽に移行できるわけです。